◆東蕗田天満社の公式HPはこちらです◆

各種ご祈願(家内安全・交通安全・病気平癒・六三除・合格祈願・学業成就・子宝祈願・災厄消除・人形感謝清祓・商売繁昌…など。)
人生儀礼(安産祈願・初宮詣・七五三・厄除開運・天中殺除・方除祈願…など。)
各種出張祭典(地鎮祭・上棟祭・竣工祭・新宅祭・家屋解体祓・神棚祓・氏神祭・井戸掘(埋)祓・伐木清祓・災厄清祓・店舗開店祓・事務所開き…など)
ご相談(産児・会社名命名・移転方位鑑定・家相(地相)鑑定・墓相鑑定…など)     

随時承っております。
ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

2014年12月31日水曜日

今年も有難うございました!

お正月の準備もほとんど終えまして、ただ今束の間の休息の時間に入っております。
今年は早め早めの準備を心掛けてお正月に臨んでおりましたが、やはり最後の最後までやることは尽きないものでございますね。


これから年越しそばも食べねばなりません!(笑)
ご奉納くださった大叔父様、誠に有難うございました。

心配なのはお天気。
今は穏やかでございますが、元日は風も吹いて冷えるようでございますので、防寒対策はいっそう努めねばなりませんね。
皆様も暖かい恰好で、お参りにいらしてくださいませ。


本年も大変お世話になりました。
皆様のお迎えになられます新年が、麗しいよきお年になりますように、心よりお祈り申し上げます。
来年も宜しくお願い致します。

そして新年は、皆様のお越しを当社神職一同、お待ち申し上げております!



2014年12月30日火曜日

お正月の準備

本日は、当神社総代さんが、お正月の準備をご奉仕くださりました。
本来であれば29日に行うはずでございましたが、雨が降ってしまった為に本日に。

例年通り、ご本殿、ご社殿並びに末舎、鳥居に新しい注連縄を張り、大幟をたて、古札納所に斎竹(いみだけ)を引き渡していただきました。
お忙しい中にも拘わらず当神社のために御骨折りくださり、大変有難く感謝御礼申し上げる次第でございます。






本日は穏やかな良いお天気で良かったですね。
天気予報では、大みそかから三が日までは大荒れとなっておりますが、どうにか今日のようなお天気が続いてほしいものです。



ご社殿前と社務所前にも門松が飾られ、いよいよお正月らしくなって参りました。
皆様も、本日までにはお正月飾りをし、年神様をお迎えするご準備をお済ませになるのが望ましいですね。

また、今年一年御守りいただいた古札もお焚き上げいたしますので、ゴミとして捨てずにお近くの神社にお納めください。

■お焚き上げ■
授かった御神札(おふだ)や御守は、通常、願い事が叶った際や、一年を目安に、粗末にならぬよう浄火によってお焚き上げをいたします。
神様への感謝を込めてお礼参りとして神社までお持ちいただき、古札納処にお納めください。
お焚き上げできるものは、御神札・御守・縁起物、注連縄・正月飾りなど、神社から授かった燃えるものです。
(環境のため、袋やビニールは取ってお納めください。)

※次の物を納める際は、古札納所には入れずに社務所にお声かけ下さい。
・神棚祓いが済んでいない古い神棚(清め祓いをしてからお焚き上げいたします。)
・お人形・ぬいぐるみ(御霊抜きをしてからお焚き上げいたします。)

※不燃物(プラスチック・陶器・金属類等)はお預かりできませんので、御家庭で御塩にてお清めし、処分して下さい。
※また、お寺からいただいたものは、仏様のものですので、お寺にお返しいたしましょう。

何卒、我が国の古き良き風習であるお焚き上げの意義を御理解頂き、皆様の御協力を心よりお願い申し上げます。


2014年12月20日土曜日

初詣はどこの神社にお参りすれば良いのですか?

本日は午後から冷たい雨が降ってきまして、ますますお寒うございますね。
皆様におかれましては、お忙しい年の瀬をお過ごしのことと存じます。
当神社にも、神宮大麻や年神様を受けにご来社なさる方が増えまして、各ご家庭で着々とお正月をお迎えする準備が整ってきていることとご拝察いたします。

そんな中、「初詣はどこの神社にお参りすれば良いのですか?またその順番は?」というご質問を頂戴いたしましたので、こちらでもご紹介させていただきます。

初詣というと、有名な神社へ出かける方も多いと存じます。
ですが、神様により微笑んでいただけるような、今後ますます御守りいただき発展していきたいと願うなら、やはり気をつけるべき優先順位というものがございましょう。


まずは、ご家庭でおまつりしている神棚の神様へのご挨拶

自分が住んでいる地域を守護している「氏神様」がいる「氏神神社」にお参り

お好きな崇敬神社へお参り


やはり、私達を守ってくださっているのは、お家におまつりされている神様であり、地域の氏神様でございます。
神主さんが在中していない小さなお社であろうとも、その土地の氏神様が私達を常日頃見守っていらっしゃいますから、まずは昨年1年間見守ってくださった感謝の気持ちをお伝えすることを疎かにしてはなりません。
その後には、お好きな神社にお参りして、今年一年の安泰を祈り、お願い事をお伝えし、縁起物を手に多いに楽しめば良いのです。



そもそもどうして初詣をするようになったのでしょうか。
初詣の由来と考えられるのは「年籠り」。
これは大晦日の夕方から氏神様のお社に籠ったり、神社の前で夜を明かしたりすることだそうです。
また、「恵方詣」も初詣の由来と考えられています。
恵方とはその年の歳徳神 がいらっしゃって、祟り神が来ない良い方向と考えられおり、毎年の恵方は干支によって決まります。
江戸時代には元日の恵方にあたる社寺に参詣する恵方詣が盛んだったようですね。
来年は、西南西ですよ!


日本の古き良き伝統、お正月。
そして初詣。
まだ少し早いお話ではございましたが、今回はその予習として。
来年の初詣は是非ともこの順番でお参りなさいますことをおすすめいたします。


2014年12月18日木曜日

喪中にお正月をむかえる方へ

大切なご家族とお別れをなさった年のお正月は、どのように過ごせばいいのでしょうか。
この季節になりますと、「喪中のお正月のむかえ方」についてのご質問が増えて参ります。
先ず以て、故人様の御霊が安らかならんことをご祈念申し上げる次第でございます。

今回は神葬祭の喪中の心構えについて、質問の多いものをまとめさせていただきました。
神葬祭についての詳しいことは当神社HPにも載っております。



Q・『喪』の期間は?
→実父母              …50日
配偶者・祖父母・配偶者の父母…30日
伯叔父母・曽祖父母・兄弟姉妹…20日
孫・配偶者の祖父母        …10日
甥・姪・いとこ(従兄弟姉妹)   …3日
となります。

Q・家でお葬式を出しました(同居家族がなくなりました)。
→50日(仏式49日)までは喪中ですので、神棚に白紙を貼り、神まつりを遠慮します。50日(仏式49日)を過ぎましたら(喪明け)、白紙をはずし、神まつりを再開します。


Q・親戚(身内)に不幸がありました。
→親戚(身内)は別の家ですので、神棚に白紙を貼りません。自分の家の神まつりはいつも通りします。お正月についても例年通りします。


Q・喪中にお正月を迎えるのですが。
→喪中ですので、お正月とはいえ神まつりを遠慮します。
ただ、大神宮様の御神札(神宮大麻)や氏神様(鎮守様)の御神札は例年通りお受けいただき、喪が明けた後、御神札を取り替えおまつりします。
また喪中の家では、新年会・祝事などの参加は慎みます。
正月飾りや松飾り、お供餅は行いません。




以上のように、最高50日間は亡くなられた方を想い、お仕え申し上げる期間でございます。
ですが、その50日を過ぎれば喪が明けますので、その後は通常通り神祭りを再開して大丈夫なのでございます。
「家でお葬式があったから」「親戚に不幸があったから」そんな理由で神棚のおまつりをしてはいけないのではないか、と誤解されている方も多いのですが、1年間御札をお受けにならないで神祭りをおろそかにすることは好ましくありません。
お正月をお迎えする際も同じです。

何故ならば。

もともとの「お正月」の意味は「先祖祭り」です。
古来より日本では、人が死ぬとその魂は「祖霊」という、いわゆる「ご先祖様」になると信じられております。
またこの祖霊は、春になると「田の神」に、秋が終わると山へ帰って「山の神」に、そして正月には「歳神(年神)」になると考えられており、年神様は、その年の作物が豊かに実るように、また家族が元気で暮らせるように、いつも私たちを見守っているご先祖様のことなのです。
この年神様をお迎えするにあたり、門松や注連縄を張り、鏡餅を飾り、心から歓迎する仕度をする訳です。

ですので重ねて申し上げれば、50日を過ぎていれば、お正月飾り(門松・お供餅など)や初詣に出かけること、新年会・祝事などの参加は問題ありません。
(例年よりは少し控えめにするという考え方もあります。)


勿論、亡くなられたご家族を想う心の問題もございますので、強制するものではございませんが、不幸があった場合の神棚や御札のおまつりの仕方、喪中期間の認識について、正しい知識を身につけておきたいものですね。
他にも何かご質問がごさいましたら、神社社務所にご連絡下さいませ。


2014年12月11日木曜日

元旦祭・正月特別祈祷について

平成27年1月1日の0時から、「元旦祭(歳旦祭)」を執り行います。
このお祭りは、新年を寿ぎ、国家の安泰・隆昌や世界の共存共栄を祈り、氏子崇敬者皆様方のご多幸をご祈願する、1年で一番最初の大切な神事でございます。

また同じく、皆様の願意を神様に奏上申し上げる、「正月特別一番祈祷」も斎行いたします。
「家族が無事に過ごすことができて良かった。」
「願い事が成就しますように。」
「今年も1年間、お守りください。」
など、皆様の様々な想いを、神社の神さまの御前、お正月の凛とした空気の中、お伝えいたしましょう。

正月特別祈祷は、元旦から随時承ります。
1月1日 0時~3時(元旦祭・正月特別一番祈祷)
       8時~17時
1月2日 8時~17時
(ご予約の必要なし)
1月3日以降 8時~17時
(お電話でのご予約をおすすめいたします。)

※また企業団体様は、事前に日時・企業名・住所・代表者・連絡先・人数・願意などを電話・FAXにてご連絡ください。

祈願内容やお初穂料など詳細は、当社HP「御祈願のご案内」をご覧下さいませ。


『一年の計は元旦にあり』と申します。
皆様もお正月には、今後の益々の飛躍と発展・無事を願って、氏神様にお参りしてみてはいかがでしょうか!


※前の年に1年間お世話になった神様のお札やお守りは、神社に持参してお焚き上げをいたしましょう。
別の神社のものでも丁寧にお焚き上げをいたしますのでお気軽にお持ちください。
(社務所にお声かけくださいませ。)

2014年12月8日月曜日

神宮大麻や年神様を頒布いたしております。~お正月を迎えるにあたって~

境内の落ち葉も少しずつ落ち着いて参りました。
しかしながら師走に入りまして、めっきり冷え込んで参りましたので、風邪には気をつけたいものでございますね。

さて、当神社でも神宮大麻や年神様を皆様の御家庭におわかちする時期となりまして、準備を進めております。
近日中には、当神社含め各兼務神社でも、総代さんを通じて頒布(はんぷ)して参りますので、宜しくお願い申し上げます。
総代さん方におかれましては、寒い中、またお忙しい中にも拘わりませず、御協力を賜りますこと心より感謝御礼申し上げる次第でございます。

もし、お住まいの地域で神宮大麻や年神様が手に入らない場合はおわかちいたしますので、当神社までお越し下さいませ。


神宮大麻・年神様


さて、この時期になると多くなる御質問をいくつかまとめてご紹介いたしたいと存じます。

Q1『神棚がないのですが、どうしたら良いですか?』
→神棚がない場合は、明るくて清浄な高い場所(人の目線よりも高い場所・タンスや棚の上など)に白紙(または白布)を敷き、方角は、御札が南か東を向くように、おまつりください。
また、写真のような簡易神棚もございますので、御入り用の方はお気軽にお問い合わせください。
縦30cm・横18cm・奥行3cm程度の大きさですので、簡単に設けることができます。


Q2『神宮大麻や氏神様の御札は、毎年新しくするべきですか?』
→はい、お正月を迎えるにあたって、それぞれに新しくいたしましょう。
御札を毎年新しくする理由の第一に、「神霊のお宿りになられているものは清浄にせねばならない。」ということが挙げられます。
1年間もおまつりすれば、表面の紙の色も変わって参りますし、ホコリだってついていることでしょう。
年末にはお家の大掃除をして1年間の汚れを取り(しっかりと神棚も掃除をして)、正月飾りをし、御札も新しくして、清々しい気持ちで元旦を迎えたいものです。
そして理由のもう一つは、「御霊威を新たにされた神様の生命力にあふれた御霊(みたま)の力をいただくことで、更なるご加護がいただけるため」です。
地域によっては古い御札をずっと神棚に置いたままにしておく風習もあるやもしれませんが、できるだけ古い御札は、1年間無事に過ごせたことに感謝をしてお近くの氏神神社にお納めし、お焚き上げするのが良いでしょう。

Q3『神棚に色々な神社の御札をおまつりすると、神様がケンカしませんか?』
→日本の神様は八百万の神々というように、様々な御神徳の神様が協力し合って私達をお守りくださりますので、ケンカすることはありません。
以下のようにおまつりいたしましょう。


また同じようにお守りも、いくつお受けになられても、神様同士がケンカすることはございませんので、御安心くださりませ。

Q4『いつまでに御札をおまつりすれば良いですか?』
→昔は、12月13日が煤払いで、その頃から家中の大掃除をして、お正月を迎える準備をしました。
今では、暮れの30日までに正月準備を行いますが、大晦日に行うのは一夜飾りといって、神様に失礼にあたると考えられているので嫌われます。
また、新年を迎えるにあたっては、神棚を綺麗に清掃し、注連縄と紙垂を新しくします。
そして、綺麗になった神棚に、氏神様から受けてきた神宮大麻、年神様、氏神様のお神札をお収めするのです。

Q5『年神さまって何ですか?』
→古来より日本では、人が死ぬとその魂は「祖霊」という、いわゆる「ご先祖様」になると信じられております。
またこの祖霊は、春になると「田の神」に、秋が終わると山へ帰って「山の神」に、そして正月には「歳神(年神)」になると考えられております。
年神様は、その年の作物が豊かに実るように、また家族が元気で暮らせるように、いつも私たちを見守っているご先祖様のことなのです。
この年神様をお迎えするにあたり、門松や注連縄を張り、鏡餅を飾り、心から歓迎する仕度をする訳です。

Q6『注連縄(しめなわ)と紙垂(しで)の付け方を教えてください。』
注連縄の張り方→神棚に向かって右から左に張り、太いほう(元)を向かって右にします。
紙垂の付け方→図のように折り返してある方を表にして、等間隔に四枚付けます。






最後に。
色々書いて参りましたが、何より大切なのは、真心をこめておまつりすることでございます。
お正月を迎えるにあたり、神棚まつりについて何かご質問がございましたら、お気軽にお寄せくださいませ。


2014年12月6日土曜日

中学校、解体清祓

本日は、八千代第一中学校の旧校舎解体にあたりまして、清祓並びに工事安全祈願祭をご奉仕して参りました。
空気はめっきり冷え込んでおりましたが、暖かいお天道様の日差しがございましたので、ご参列なさった工事の御関係者皆々様も幾分かは過ごしやすかったのではと存じます。

こちらの八千代第一中学校は、当神社の宮司も卒業生でございまして、この地域にお住まいの方なら誰しもお世話になった思い出深い場所ではないでしょうか。
創立50年という月日を経た校舎がついに解体されることは寂しくも感じますが、その思い出は全て皆様の心にいつまでも生き続けることでございましょう。

皆様の沢山の想いがつまった校舎に、いままでお世話になった感謝の気持ちを捧げ、神様に工事安全のことをご祈念いたしました。



工事安全、その工事に携わる方々の健康を心よりご祈念いたしております。




◆解体祓
古くなった建物を解体するにあたって行われるお祭りが「解体清祓」や「取り壊し始祭」と呼ばれるお祭りです。
建物を祓い清め、長年お世話になった建物に感謝するとともに、家屋の守り神である屋船久久遅神と屋船豊受姫神に対して取り壊しの事情をご奉告し、またお許しをいただき、解体工事の無事安全をご祈願します。
また増改築にあたって、水回り(上下水道・トイレ・井戸・池などの掘埋)の工事・門塀の建て始め取り壊し・庭木の伐採などを行う際も、それぞれの守り神に対し工事に至る事情を奉告し、工事の安全とご家族様の家内安全をご祈願します。
特に増改築をなさる場合は、家相や方位の問題も発生して参りますので、工事する方角を良く調べ、なるべく良い時期に行いたいものです。
お気軽にご相談ください。

2014年12月2日火曜日

地鎮祭、おめでとうございます!

本日は日差しは暖かく青空が広がっておりましたが、大変風が強い1日となりました。

そんな中、氏子さんの地鎮祭をご奉仕させていただきました。
施工様は総代さんとしていつもお世話になっております鈴木建設さん。
皆様におかれましては、ご準備をはじめ、様々なお心遣いを賜りまして、誠に有難うございました。


地鎮祭は、「とこしづめのまつり」と読みますが、普通には音読して「ぢちんさい」と言います。
建物の新築あるいは各種土木工事の起工に際して、その敷地の守護神をおまつりして、建物普請・工事着工の由をご奉告申し上げ、今後の平安守護、並びに建築工事の安全を祈願する大切な祭典です。
地鎮祭は建主が中心となって執り行う祭儀で、必ず工事関係者も参列し、建主とともに工事が無事に進むことをお祈りいたします。
私たちが住んでいるこの土地にも神さまがいらっしゃいます。
この土地に住まわせていただいていること、そしていつもお守りいただいていることに感謝する心を忘れずにいたいものですね。


この度は、誠におめでとうございます。
ご家族皆様のご多幸ご健勝を心よりご祈念いたしております。