◆東蕗田天満社の公式HPはこちらです◆

各種ご祈願(家内安全・交通安全・病気平癒・六三除・合格祈願・学業成就・子宝祈願・災厄消除・人形感謝清祓・商売繁昌…など。)
人生儀礼(安産祈願・初宮詣・七五三・厄除開運・天中殺除・方除祈願…など。)
各種出張祭典(地鎮祭・上棟祭・竣工祭・新宅祭・家屋解体祓・神棚祓・氏神祭・井戸掘(埋)祓・伐木清祓・災厄清祓・店舗開店祓・事務所開き…など)
ご相談(産児・会社名命名・移転方位鑑定・家相(地相)鑑定・墓相鑑定…など)     

随時承っております。
ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

2015年2月28日土曜日

梅の花が開花しました!

本日は暖かい陽気で春らしい穏やかなお天気でございました。

そんな中、氏子さんの1年祭をご奉仕して参りました。
故人のお人柄を想わせる暖かな日差しの下、霊前祭並びに墓前祭を滞りなく執り行うことができまして、故人を懐かしみ、遺徳を偲び、御霊が安らかならんことを心よりご祈念申し上げた次第でございます。



そして帰社して後、境内を巡回しておりましたら、梅の花が開花しておりました!
いつも最初に咲く、桃色の枝垂れ梅です。


境内の杜の日蔭にあるせいか成長が遅く、まだまだ背が低いのですが、色合いや香りは充分に趣き深く、春を感じさせてくれます。


社務所前の馬酔木(あせび)の花。
馬酔木の名は、「馬」が葉を食べれば毒に当たり、「酔」うが如くにふらつくようになる「木」という所から付いた名前であるとされています。
スズランのように可愛らしい花ですが、有毒植物であり、葉を煎じて殺虫剤に利用されているそうです。

2015年2月27日金曜日

春霞の朝

今朝は、こちらでは随分と靄がかっておりました。
交通にも若干の影響が出たみたいですね。
しかしながら境内で見る景色は大変神秘的でございましたので、パチリ!





このように空気中に水蒸気が発生した場合において、「霞(かすみ)」「霧」「雲」「靄(もや)」「朧(おぼろ)」なんて表現することがございますが、どのような違いがあるのかふと疑問を感じましたので調べてみました。
どうやら俳句や和歌など文学的な表現をする際には、区別して用いることも多いようで、

春は「霞」。
秋なら「霧」。
お日様が出ているうちは「霞」。
日が暮れて月が出れば「朧」。

なんていう風に呼び分けているそうです。
しかしながらこの「霞」、気象学的にはっきりと定義づけられている「霧」や「靄」と違って気象用語としては使われないようです。
古来より日本人は、気象を繊細な感性で捉えていて、情緒深い景色をより鮮明に表現していたということなのですね。
繊細な情景の表現ができる日本語の美しさ、「もののあわれ」を感じます。


【見わたせば、春日の野辺(のへ)に、霞立ち、咲きにほへるは、桜花(さくらばな)かも】
万葉集 詠み人知らず
(見わたせば、春日の野に霞(かすみ)が立ち、咲き染めているのは桜の花でしょうか。)

【まそ鏡、照るべき月を、白栲(しろたへ)の、雲か隠せる、天(あま)つ霧かも】
万葉集 詠み人知らず
(照るはずの月を、白い雲が隠しているのでしょうか。それとも天の霧が隠しているのでしょうか。)


こうして考えていると、俳句や短歌、和歌などにも興味がわいてきますね!


2015年2月22日日曜日

新地舘澤天満宮、初天神祭

本日は、10時から兼務社である新地舘澤天満宮にて初天神祭を斎行いたしました。
菅原道真公(菅公)は、お生まれの日も、お亡くなりになった日も25日で、毎月25日は天神様の縁日とされております。
こちらの神社では旧暦でお祝いいたしますので、新年最初のこの日は、特に盛大に氏子崇敬者の皆様とお祝いをいたします。
菅原道真公の御霊を御慰めし、氏子の皆様の家内安全と益々の弥栄をご祈念いたしました。


■新地舘澤天満宮■
住  所:結城郡八千代町新地508
御祭神:菅原道真公(すがわらのみちざねこう)
平安時代前期に学者・政治家として活躍されました。承和12(845)年に京都の菅原院にて生誕され、5歳の時に和歌、11歳の時には漢詩を詠み、幼い頃から天才ぶりを発揮しています。常に真摯に「和魂漢才」の精神で猛勉を重ね精進し、最年少で方略試という最高至難の国家試験にも合格し、33歳で文章博士になり、宮中の教官として活躍して当代随一の大学者として尊敬されました。その後も異例の速さで昇進し、右大臣に任命され従二位を授けられるに至ります。しかしながら、そのことを快く思わなかった藤原氏により太宰権帥(だざいごんのそち)として九州に左遷されてしまいました。大宰府(現在の福岡県太宰府市)に赴かれてからは、身を慎まれ必ずや冤罪が晴れることを信じましたが、その地で延喜3(903)年2月25日に59才で亡くなられます。
御神徳:薨去後間もなく神として奉祀され、農耕の神(雷神)・学問の神・道徳の神・文道の大祖・詩歌や和歌の神・書道の神・芸能の神と仰がれ、学業成就や無病息災を願う神としても大きな信仰を集めております。
祭礼日:2月25日         初天神
      7月25日前の土日   祇園祭(夏祭り) 
     11月25日         例祭


直会の席では、総代さん方と話に花が咲きまして大変楽しい時間を頂戴し、嬉しく存じました。
今年、平成27年という年が、氏子の皆様にとりまして良き年の甘し年でありますよう、当神社神職一同心よりご祈念いたしております。


さて、本日は初天神祭ということで、菅原道真公の和歌をご紹介。


【海ならずたたへる水の底までにきよき心は月ぞてらさむ】(新古1699)
海よりもさらに深い水をたたえる水底にも清ければ月が照らすように、一点の濁りもない私の心をいつか天が照覧して下さるだろう。


この歌は太宰府に左遷された菅原道真公が、無実の罪であることをせめて月だけは明らかにしてくれるであろうと詠んだものです。
大鏡(左大臣時平)、また新古今集雑歌下に「菅贈太政大臣」作として十二首採られているうちの一首として出ており、天皇に対する忠誠心を示す歌とも解釈できますので、愛国百人一首にもとられています。


生きていると、自分ばかり貧乏くじを引いてしまったり、人からあらぬ誤解を受けてしまったり、嫌だなぁと思うこともあるものです。
ですが、自分の信念を持ち誠の心に従って行動していれば、必ず誰かは見ていてくれているものです。
少なくとも、神様は見守っておられることでしょう。
神様に、そして自分に恥じぬ振る舞いを心掛け精進して参ろうと、私もこの歌を心に刻んでご奉仕に努めて参りたく存じます。


2015年2月19日木曜日

雨水の日、黄昏時の虹

本日は暦の上での「雨水」。
空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる、という節目になります。
冬の寒さの峠を越えて、そろそろ暖かくなってきて春が近づいてくるということで、昔から農耕の準備を始める目安とされてきました。
ですが、本格的な春の訪れにはまだ遠く、大雪が降ったりもしますから注意も必要です。
三寒四温を繰り返しながら、とはいえ春に向かっていきますから、何だか気分も明るくなって参りますね。
地方によっては、この日に雛人形を飾ると良縁に恵まれるといわれています。

さて、この雨水の今日、こちらの地域では雨が降りまして、夕方には大きな虹が出ました!
とてもとても大きな虹で写真には入りきりませんでしたが、パチリ。


茜色の雲を背にしているせいか、いつもよりも色がくっきりと見えまして鮮やかで綺麗でございましたよ。
茜さす黄昏時に虹なんて初めて見ました。


2015年2月11日水曜日

芦ヶ谷新田稲荷神社、初午祭

本日は、年が明けて初めての午の日。
全国のお稲荷様系の神社では、初午祭が斎行される日であり、当神社の兼務社である芦ヶ谷新田の稲荷神社でも同様に神事が執り行われました。
特に本日は穏やかなお天気にも恵まれて絶好のお祭り日和でございましたし、縁日もちょうど祭日である建国記念日(紀元節)にあたりましたので、いつもより多くの氏子の皆様にお運びいただき、嬉しく存じました。


■芦ヶ谷新田稲荷神社■
住  所:八千代町芦ケ谷新田
御祭神:宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)
御神徳:京都の伏見稲荷大社を総本社とし、「お稲荷様」と呼ばれて親しまれ、八百万の神々の中でも代表的な食物神(稲魂の神)として、厚い信仰を集めています。商売繁盛・五穀豊穣・安産・万病平癒、学業成就などに御利益があります。
御祭礼:初午祭(2月最初の午の日)


神事の様子。
神事では、今年も神様の御陰様、自然の恵みの御陰様で、作物が豊かに稔り、氏子地域の皆様がこれからも変わらぬご守護を賜りますようご祈念申し上げました。
神事の後の直会では、神様にお供えした(神様が召し上がった)お神酒を皆様で乾杯し、その御神徳を身体に頂戴いたします。
氏子の皆様が健康で、弥益々にお立ち栄えになりますように…。


直会の様子。
こちらでは皆様にお会いできるのが1年に1回ですから、皆様とストーブを囲んで楽しく過ごす時間は大変貴重でございます。
いつもおもてなしくださり、有難く嬉しく感じております。


また、本日は「建国記念の日」。
本来は「紀元節」と言われ、紀元前660年に初代天皇である神武天皇が橿原の宮において即位されたことを奉祝する日です。

しかしながら、今の時代、我が国の建国についての歴史を知る人はほとんどいないのではないでしょうか。
やはりそれは、先の敗戦後、GHQ(連合国軍総司令部)によって紀元節が廃止され、建国にかかわる神話を学校で教えなくなったためです。
昭和42年に国民の強い要望によって、2月11日に「建国記念の日」として復活し、名称は変わったものの、祝日法に「建国をしのび、国を愛する心を養う」と明記されたのは、誠に意義深いことでした。

我が国は、世界最長、万世一系の天皇陛下を戴き仰ぐ、世界最古の国。
今年で皇紀2675年という、日本は国家として世界最古の歴史を歩み続けております。

国を愛す心は、家族を愛す心、友人隣人を愛す心、そしてご先祖様を大切にする心と何ら変わりのないこと。
そんな大切な人達がいる日本という郷土を愛し、現代に生きる私たちは勿論、次世代の子供たちも、「日本に生まれてきて良かった」と心から自国を愛せるような、そんな国にしていきたいものですね。


2015年2月10日火曜日

森元皇象先生がご来社くださりました!

本日は鑑定士(手相・姓名学・気学・易学)でご活躍なさっておられる森元皇象先生が厄祓にご来社くださりました。
先生は、これから始まるテレビドラマで、筮竹を使用しての占いのアドバイザーとしてご活躍です。
私も鑑定士のはしくれとして楽しみでなりません。


以前より興味を持っていたことにつきましても懇切丁寧にご教示くださりまして、誠に有難く嬉しく存じました。
先生のお優しいお人柄、適格なアドバイスをくださる指導力、そして誰でも受け入れてくださるような包容力には、尊敬の念を禁じ得ません。

大神様より限りなき御力を賜りまして、益々のご活躍を心よりご祈念いたしております。
また遊びにいらしてくださいませね!

2015年2月3日火曜日

穏やかな節分祭~福の神でぶっとめろ~!~

本日は、節分。
当神社でも、ご神前におきまして節分祭を執り行いました。
と申しましても、当神社では神職のみのご奉仕で、特に氏子地域の皆様をお呼びしての大々的な祭典ではございませんので、のんびり穏やかに豆まきを楽しませていただいております。
勿論、ご興味のおありの方はご参列をお待ちしておりますので、お気軽にいらっしゃってくださいませね!

またこの日は節分ということで、個人様を対象に「節分厄除祈願祭」を斎行致します。
(※節分厄除祈願祭は御祈祷ですので、前日までにご予約が必要となります。)


ふとインターネットで節分関連のニュースを見ておりましたら、母校の教授が丁寧に節分のことをご説明していらっしゃいましたので、こちらでもご紹介いたしますね。

「日本人はなぜ豆を投げるのか」

日本の鬼という認識に関して、「必ずしも恐怖と邪悪の対象ではない。日本の鬼は西洋のデビル・デーモンと同じ存在ではない。西日本の寺社では参拝者の厄を祓い、福を与える鬼もいる。」と仰っており、考え方が日本人らしくて良いなあ、とうんうんと頷いてしまうフレーズも。

こちらの地域では、「福は内、鬼は外」を繰り返し叫んだ後に「福の神でぶっとめろーっ!!」と叫び、鬼やらいをします。
茨城の違う地域では「福の神でぶっ飛ばせ!」や「福でもってぶっとめろ!」など多少の違いはあるようですが…大きな声で叫ぶと結構スッキリしますよ(笑)

皆様にとりまして、福多き1年となりますようご祈念申し上げます。



2015年2月1日日曜日

男子会でご来社!

本日は、かねてより仲良くさせていただいている殿方が厄祓にご来社くださりました。
とても奥様想いの素敵な旦那様方で、ご自分の厄祓だけではなく、奥様の安産祈願や子供の命名のご相談、マイホームの吉方取りなど、幸せな話題が盛り沢山で、笑顔の絶えないひとときを頂戴いたしました!
折に触れて当神社にご参拝くださり、誠に嬉しく存じます。


特に4人で頭を悩ませたのが、これからお生まれになる赤ちゃんの命名について。
良いお名前を考えることは、名前の「意義」を鑑み、苗字に合った「陰陽の配置」「五行配合」「天・地・人・総の画数」が吉となるよう、色々気をつけることがあり大変でございますが、お子様が成長して、「どうしてこの名前にしたの?」と聞かれた時、親御さんの想いをちゃんと伝えることができ、「この名前、大好き!」と言ってもらえることが、名付けの最も大切なことですね。
愛の結晶としてお生まれになる赤ちゃんに、とびきり素敵なお名前をプレゼントしてあげてくださいませ!

また遊びにいらしてくださいね!