◆東蕗田天満社の公式HPはこちらです◆

各種ご祈願(家内安全・交通安全・病気平癒・六三除・合格祈願・学業成就・子宝祈願・災厄消除・人形感謝清祓・商売繁昌…など。)
人生儀礼(安産祈願・初宮詣・七五三・厄除開運・天中殺除・方除祈願…など。)
各種出張祭典(地鎮祭・上棟祭・竣工祭・新宅祭・家屋解体祓・神棚祓・氏神祭・井戸掘(埋)祓・伐木清祓・災厄清祓・店舗開店祓・事務所開き…など)
ご相談(産児・会社名命名・移転方位鑑定・家相(地相)鑑定・墓相鑑定…など)     

随時承っております。
ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

2015年3月31日火曜日

春の境内

今境内には、桜だけではなく沢山の花が咲き乱れております。
先日紹介した、水仙もスミレも花盛りですし、芝桜もちらほら咲き始めたようです。
またご社殿前には、大きなコブシの花が咲き、皆様をお迎えしてくれております。


コブシはもう満開を迎えて散り始めておりますので、見頃はあと2~3日かと存じます。





社務所前の木蓮の花。

社務所前の桃の花。
これは、1本の木に白い花と桃色の花をつけますので、大変美しく華やかですよ。
今年は随分花が咲くのが早いです。

裏参道の桜だけでなく、境内を散策してみると様々な春の花を発見できるかと存じますので、お散歩がてら見つけてみてくださいね!


桜、香り立つ夕暮れ時

本日も暖かく、一気に8分咲き程まで参りました。
穏やかな気候も相まって、お花見の方々が沢山いらっしゃったようです。


夕暮れ時の桜もまた風情があり、夕焼けに染まった艶やかな色を見せてくれます。
このくらい咲きますと、桜の花の香りが立ち込めて何とも言えない良い気分にさせてくれます。
女性には朗報ですが、桜の香りにはリラックス効果とダイエット効果が望めるようですよ!
『リラックスし気分を落ち着けることによって、ストレスによる食べ過ぎを防ぎ、食欲を抑えて気分転換ができることが大きい』とのこと。


景色も香りも楽しめて、癒しの効果まであるのなら、お花見にでかけない手はありませんね!!
明日には満開です。
皆様のご来社をお待ちいたしております!


2015年3月30日月曜日

桜並木のライトアップが始まりました!

本日も暖かい1日でございましたね。
この暖かさ穏やかさで、桜の開花が随分と早いように思えます。
ざっと見るにもう4~5分咲き程でしょうか!

さて、本日より桜並木のライトアップが始まっております。
時間帯は、おおよそ18時~22時までの間です。





夜になるとお花見の方々も減りますので、静かに情緒あふれる夜桜見物ができるかと存じます。
昼間は光の加減で白っぽく見える桜の花ですが、夜になりますとピンクが冴えて、濃厚な色合いを感じることができ、これもまた風流でオススメでございます。。
昼間とはまた違った色合いを見せてくれますので、とてもロマンチックですよ!
ご夫婦、カップルに人気のデートスポットとなるのではないでしょうか。


なお、夜はお足元にお気をつけくださりませね。

2015年3月28日土曜日

裏参道桜並木、開花宣言!

本日は、暖かく穏やかな日ですね。
午前中には初宮詣のご祈願がございまして、そのご家族様とも「桜ももうすぐですね。」なんてお話をさせていただきましたが、まさにその後見に行きましたら、開花しておりました。
暖かいと、あっという間に花開くものなのですね!


去年の記録を見ますと、去年もこの3月28日に開花宣言をしておりまして、時期といたしましてもほぼ例年並みといったところです。
天気予報を見ると晴れの日が続くようでございますから、あと5日~1週間程度で満開を迎え、その後1週間で桜の絨毯までのクライマックスを迎えることでしょう。
フェイスブックやブログでも開花状況は載せて参りますが、お花見の計画はお早めにお立てくださいませ。



例年のクライマックスの桜の絨毯。
上を見ても下を見ても、桜色の世界です。
今年も見られるのが楽しみですね!

当神社には、約200メートルの裏参道の桜並木に40本、他の場所に5本、と合計45本の桜があり、花の頃には、今こそ春爛漫と咲き誇って皆様の心を和ませ、楽しませてくれております。
また、夜はライトアップされており、昼間と夜間の両方、桜見物が楽しめるようになっております。
皆様も、情緒あふれる春ならではの季節感を、しみじみと堪能してみてはいかがでしょうか。
皆様のご来社を心よりお待ちいたしております!


2015年3月26日木曜日

百合、月桂樹を植えました。

本日は、穏やかで暖かな1日となりました。
桜の蕾も膨らんで、あともう少しで開花することとなるでしょう。
その際は、こちらのブログでもご紹介して参ります。

さて、本日は境内の花壇に百合の球根を植えました。
氏子さんがご奉納してくださりまして、誠に有難く嬉しいことでございます!
品種は分からないそうですが、赤色の花が咲くそうなので楽しみです。


また榊の苗木を育てていた場所に、月桂樹の苗木を植えました。
いつもお世話になっております森勝美様よりご奉納いただきました。
月桂樹は、クスノキ科の地中海沿岸に広く分布する常緑性の高木であり、大きくなると樹高は10m以上になるそうです。
皆様もご存じ、カレーやシチューなど煮込み料理に入れる葉っぱ(ローリエという香辛料)としてよく知られている木ですね。
春から初夏にかけて、黄白色の可愛らしい花をつけますので、榊同様ある程度まで育ったところで境内に植樹しようと考えております。

いつも有難うございます!
神様より御神徳を賜りまして、いつまでも丈夫で健康でいてくださいね!

2015年3月25日水曜日

方位鑑定でよくあるご質問(その2)

本日はこちらでは風が強い1日でございました。
天気予報では、これ以降寒の戻りもあまりないそうで、本格的な暖かい春の到来になるのではなかろうかと期待しております。
境内の水仙の花も綺麗に咲き出しました。


さて今回も、前回更新した「方位鑑定でよくあるご質問」の続きになります。


Q・年回りが悪いのですが、引っ越しをしても大丈夫でしょうか?

年回りが悪い時というのは、ご自身が「厄年」「方位除け」の年回りに当たっている際です。
日本には古来から、人生の節目を「厄年」として忌み慎む習わしがあります。
厄年とは、現代の生活にもあてはまる人生の節目・転換期にあたり、肉体的にも精神的にも調子を崩しやすい年齢、また人間の一生のうち、何らかの厄難に遭遇する恐れの多い年齢をいい、医学の発達した現代においてもなお、万事に慎むべき年齢として、人々に意識されています。
また星まわりが中央・北・北東・西南に位置する年齢は、運気が低迷する年といわれており、方位除けの年回りといわれております。
そのような年回りの際は、お引越しをはじめ何か新規事を始めることなどはおすすめいたしておりません。
しかしながら、やむを得ない事情があったり、ご本人様がご納得の上であるならば、吉方取りと併せて家相の、できる限りのアドバイスをさせていただいております。


Q・良縁を求めておりますが、そのような吉兆現象を得られる方位取りはありますか?

恋愛だけでなく、ご縁とは不思議なものでございます。
人間の知恵、才能、努力を超越した「時間」と「場所」で起きる事象を人は「運」と呼んでおります。
人生の岐路に立った時には、以下に記したような、人それぞれに目的や希望があるものです。
吉方取りをする際は、ご自分の希望に沿った良いご縁ができやすい方位を使用するとなお良いでしょう。

1・現在より、より良く発展したい場合
2・良い縁談を得たい場合
3・知能的に発展したい場合
4・不動産に関して成功を納めたい場合
5・財産、金運に恵まれたい場合
6・投機、資本金に恵まれたい場合
7・交際を広げ、良い交際に恵まれたい場合
8・貯蓄ができるようになりたい場合

ただ、願望によって「その縁ができやすい方位」はありますが、まず大切なことは、ご自身に災難がないようにすることであり、その中でご自身の生き方を充実させることかと存じます。
即物的な目的に固執するのではなく、何事も感謝の心を養い、豊かな人生を創造していく目的でお考えいただいた方が賢明でしょう。
気学は、事前に悪い運命を避け、幸運な運命を開く学術でございますので、前向きな心でご活用ください。


Q・会社を経営しているのですが、会社を移転する場合はどのように吉方取りをしたら良いですか?

こちらは、今の会社から方角を見るのか?社長さんの自宅から方角をみるのか?という質問です。
これは、会社を経営している代表者(社長)のご自宅から見て吉方取りをします。
あくまでも生活している場所を中心にして見ます。
「新しく支店をつくる」「新しい倉庫を建てたい」などの場合も同様です。


Q・お水取りやお砂取りは神社が良いと聞きましたが…。

それは、神社という場所が古い時代から清らかな力が集中している「清い場所・浄化された場所」であり、そのような場所に存在する地下水やお砂は、私達の心身に良い影響を与えてくれる、という考え方があるためです。
(勿論、お水は煮沸してくださいね。)
ただ、このお水取りやお砂取りは間違った方法でなさると返って悪いといわれておりますので注意が必要です。
また神社によってはお水取りやお砂取りをご遠慮いただいている所もありますから、必ず神社の神職さんにご確認ください。
その土地に礼を尽くし、マナーを守ることが鉄則です。
ちなみに当神社は、田舎で水も土も豊富にございますから、お声かけくだされば境内の中で良い場所をお教えいたします。
そして一番大切なのは、取る前に必ず神社にお祀りされている神様に参拝し「お力をいただけるよう」にお願いすること、またお帰りの際には頂いたことへの感謝の礼も怠らないことです。



書き始めると長くなってしまうものですね。
今回はこのくらいにいたしておきます。


それにしても近年パワースポット巡りなぞが流行っているようで、メディアで紹介された場所ばかりに人が殺到しておりますが、神社は神社であるが故、全てパワースポットなのだ!と声を大にして申し上げたい今日この頃です。
皆様、遠くに遠くに目が行きがちですが、まずは一番身近な氏神様にお参りいたしましょうね。


2015年3月20日金曜日

方位鑑定でよくあるご質問をまとめてみました。

しとしとと穏やかな春雨が降ったりやんだりしている今日この頃。
当神社の梅の花も見頃を迎えまして、春の訪れを教えてくれております。


春の訪れといえば、今年から新生活を送る方々も多いことでございましょう。
本日は氏子さんが「孫が高校に受かったので、御礼参りに!」とお孫さんと2人で笑顔でご来社くださりました。
受験の頃、お孫さんの為にとご神前で熱心に合格を祈願し、絵馬をご奉納して行かれたことを私も印象深く覚えておりましたので、大変嬉しく存じました。

また、新生活が始まるということで、引っ越しに関する方位のご相談も多くなっております。
日頃お電話やご相談時にいただく方位に関するご質問をまとめてみましたので、こちらでもご紹介させていただきます。


Q・近距離の引越しでも方位を見るべきですか?

結論から申し上げるなら、答えは「YES」です。
例え隣近所に引っ越すことであろうとも、移転の方位は、近くても必ず影響があります。
私の先生は「引っ越せなくても吉方取りをしたいなら、家の中で寝室を変えることも方法の一つ。」と仰っていたくらいですから、近距離の引越しでも方位はしっかり見るべきです。
私も寝室を変えるという「究極の吉方取り」を自ら人体実験しているところですが、1年以上経った今、その吉方の恩恵をしみじみ感じております。


Q・吉方取りの為に方違えをしたいのですが、期間はどのくらい必要ですか?

「方違え」とは、どうしても悪い方位に動かなければならない時、直接その方角に行くのではなく、廻り道(仮移転)をしてから動く方法です。
吉方の方角へ移動し、また吉方で目的地にたどり着く方法の為、凶方は犯していないことになります。
ただ、仮移転したその場所には、少なくとも3か月は住まうことが必要です。
「引越し(移転)は魂の移動」とも呼ばれており、その魂の根がその地に着くまでは、このくらいの期間が必要なのです。
魂の根が着かないうちに移転したのでは、吉方取りとして全く意味がないことですのでお気を付けください。


Q・吉方取りをするのですが、子供にとって吉方ではありません。大丈夫ですか?

吉方取りをする場合、ご家族様全員の吉方取りができれば1番良いことですが、それが叶わないことも多々ございます。
そんな時、優先するのはやはり一家の大黒柱となる世帯主様でございますから、どうしてもお子様の吉方がとれずに心配になってしまうお気持ち、お察し申し上げます。
これにつきましては、お子様の年齢やおかれている状況によっても少々変わって参ります。

・9歳までの子供さんがいる
→まだまだ親御さんの庇護の下お育ちでございますので、子供にとって凶方でも親御さんが吉方取りをしていれば、その良い力が子供にも及ぶと考えて大丈夫です。
ただ引っ越しをする場合は、小児殺の方位にだけは気をつけねばなりません。
突発的な事故や病気などが懸念される、子供にとっての大凶方位です。

受験を控えていたり、病気で手術を控えていたり、近々大事なことがある子供さんがいる
→近々、以上のような人生の転機になるような大事な出来事が控えていた場合には、子供さんの為にも吉方をとってあげた方が良いでしょう。
言わずもがな吉方を取ると運気が上がりますので、今後の子供さんの人生において良い運が味方してくれます。

子供さんの場合は、それぞれの状況を鑑みて判断することとなります。
基本的には、お父様お母様が吉方取りをしていれば大丈夫ですが、9歳以下の子供さんがいる場合は小児殺に気をつけねばなりませんので、方位鑑定をご依頼される場合は、自分達だけではなく、家族全員の生年月日を伝えることをおすすめいたします。


Q・様々な事情でどうしても凶方に引っ越さなければならないのですが…。

進学や仕事の転勤など、自分で移転場所を決められない場合は、多少はその凶作用も薄らぐといわれてはおりますが、ご自分で移転場所を決めた場合には方位の影響を被ることになりますので注意が必要です。
1度移転をし、ある方位を使ったとしたならば、それを消すことはできません。
つまり凶方へ行った後に大吉方に行ったとしても、悪いことも良いことも両方あるということですから、どうしてもという場合でも、せめて完全に吉方にならなくても、年盤と月盤で五大凶殺方位(五黄殺、暗剣殺、破、本命殺、本命的殺)は避けた方が無難でしょう。
引越しを考えている場合は、引越したい時期に必ず吉方がとれるわけではございませんから、前もって余裕をもった計画を立てることが肝要です。
どうしてもその凶方位にあたってしまうことが不安でしたら、以下のことをアドバイスさせていただいております。

・お引越しをする前に、神社で方位除のご祈祷や御守をお受けになること。
日頃お守りくださっているお住まいの近くの氏神様にお参りください。もし神職さんが常駐していない場合は氏神様にお参りされた後、ご祈祷や御守はご自分にご縁のある崇敬神社さんでお受けになられても結構です。)
・ご先祖様の御霊舎や仏壇を綺麗にして、お墓参りをなさること。
(お掃除をし、お花をお供えし、御守りいただけるように手を合わせて心よりのご供養を。)
・お引越し先の氏神様にもご挨拶にお参りなさることもお忘れなく。
・お水取りやお砂取り
(こちらはやるかやらないかはお気持ち次第ですが、正しいやり方がございますので、間違えるとよろしくありません。また望ましい場所や時期をお調べいたしますが、マナーを守ることが鉄則です。)

このように、目には見えない大切な尊い存在に祈り、お守りいただくことも方法の一つだとアドバイスさせていただいております。
ただこちらの方法は最終手段だとお考えください。
神様も悪い因縁は通されると申しますから、気学鑑定士といたしましては、凶方を犯さないのが一番だと締めくくらせていただきます。



もう少し質問の数を載せられると思いましたが、意外と長くなりましたので続きはまたの機会にまわします。
「家相鑑定でよくあるご質問」も、近いうちにまとめてみたいと存じます。


2015年3月13日金曜日

境内に新品種「露茜」が仲間入りしました!

本日は、春らしい良いお天気。
境内西側の白い小梅も咲きだしまして、梅の花が大好きな天神様がお喜びになる景色になって参りましたよ。


そんな今日この頃、榊、枝垂れ梅の紅白2種類、露茜を境内に植樹いたしました。


30センチ程の小さな苗木から育てて3年間を経て、ここまで成長しましたので、満を持しての植樹です。
こうして毎年の成長ぶりをみておりますと、榊の木の生命力の強さを感じます。


枝垂れ梅の紅白2種類。
花が沢山ついているものを選んで買って参りました。


露茜(つゆあかね)。
梅の品種は400種以上もありますが、当神社に新しい品種の梅が仲間入りいたしました。
どんな梅か調べてみましたところ、まさに品種登録から間もない新品種であまり出荷されておらず、茨城県や宮崎県で植栽が進んでいるとのこと。
思いがけず、梅界のニューフェイスを植樹することができまして嬉しく思います。

露茜は、近縁種の日本スモモとの交雑により、赤い果実が成るようです。
味としては酸味が多く、生で食べることはできませんが、梅酒や梅ジュース、梅ジャムにすると綺麗な紅色になるそうですから、成長した暁にはまた皆様に振舞えることを期待しております。

境内の梅の実で梅酒は作りましたから、今度は梅ジュースにしようかしら。


2015年3月11日水曜日

震災復興祈願祭

本日は、3月11日。
東日本大震災から4年経ちました。
あの日のことを考えると、言葉には代え難い、並々ならぬ想いが込み上げて参ります。
地震速報のアラート音が鳴る度に、不安な思いがいたしましたね。

当たり前だった平和な日常が、あっという間に崩れていったあの日。
自然の力の大きさ、怖さを間のあたりにしたあの日。
電気や水の有難味を痛感したあの日。
そして、悲しみを共有し、人と人との絆を改めて感じたあの日。

本日は当神社でも、震災復興祈願祭を執り行いました。
参列者の方も、被災された方々を想い、熱心に復興の願いを玉串にのせてくださりました。


本日の「福島民報」「河北新報」「岩手日報」の号外にこんなことが書かれてありました。


東北は元気です。
ですが、
じゃあもう大丈夫、
というわけでは
ないのです。 


簡素な文章ですが、何だかしみじみ共感できる、大事なことに気づかされる、そんな想いが込み上げて参りますね。
今後、5年…10年と…月日は過ぎていき、被害の少なかった地域は少しずつ意識が風化しがちでございましょうが、この災害を忘れることなく薄れさせることなく、被災された方々の心に寄り添い、人と人との絆を結び、助け、助けられ、そんな分かち合いの心が、日本全国に年増して広がりますこと、そして被災地に再びたくさんの笑顔の花が咲きますことを、心より願ってやみません。

この災害から学んだことを次世代の子供たちへ伝え、できる限りの備えをし、記憶を繋いでいくことこそ、今生を受けている私たちができる、大切な課題かと存じます。


2015年3月5日木曜日

梅の花、早春の花、次々と!

三寒四温の今日この頃、境内の梅の花や季節の花が次々と咲き始めております。
境内をお散歩している参拝者の方も、春の訪れを感じて「色々開花し出したね!」とお話ししてくださるので、私も嬉しく存じます。


桃色の枝垂れ梅と、紅色の枝垂れ梅。
まだ背は低いですが、無事に根付いて元気に大きく成長しようとしています。


社務所前の梅。
古木のため種類は不明ですが、毎年沢山の花をつけてくれます。


豊後。
一緒に植えた南高梅の開花はもう少し先そうです。


椿と乙女椿。
艶やかな色で杜の境内によく映えます。


花壇のスミレ。
マグナムパワー苗というだけあって、生命力があるようです!
植えた頃より心なしか多くなって見えます。


これからもまだまだ沢山の春の花が咲きますので、楽しみでなりません。
今年もまた新しい花木を植える予定ですし、苗木から育てている榊もそろそろ境内に植樹する予定ですから、この季節は相変わらず土いじりに精を出す所存です(笑)

ご参拝くださる皆様の心の潤いになるよう、いっそう境内の整備、美化に努めて参りますね。