◆東蕗田天満社の公式HPはこちらです◆

各種ご祈願(家内安全・交通安全・病気平癒・六三除・合格祈願・学業成就・子宝祈願・災厄消除・人形感謝清祓・商売繁昌…など。)
人生儀礼(安産祈願・初宮詣・七五三・厄除開運・天中殺除・方除祈願…など。)
各種出張祭典(地鎮祭・上棟祭・竣工祭・新宅祭・家屋解体祓・神棚祓・氏神祭・井戸掘(埋)祓・伐木清祓・災厄清祓・店舗開店祓・事務所開き…など)
ご相談(産児・会社名命名・移転方位鑑定・家相(地相)鑑定・墓相鑑定…など)     

随時承っております。
ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

2017年8月13日日曜日

迎え盆

本日は迎え盆。
拙宅でも、例年通りご先祖様方をお迎えいたしました。
お迎えする前に、御霊舎やお墓をきちんと掃除し、神饌をお供えし、準備をしておきます。


お盆は旧暦の7月15日を中心に行われる祖先をまつる行事で、7月13日の迎え火に始まり、7月16日の送り火に終わります。
多くの地方で8月13日の「迎え盆」から16日の「送り盆」までの4日間をお盆としていますが、地方によっては7月いっぱいをお盆とする地域や、旧暦通り7月15日を中心に行う地域など…様々な地域性があるようですね。

そして「お盆」の歴史でございますが、日本では、仏教伝来以前から「御霊祭(みたままつり)」など、祖先の霊を迎える儀式が存在しました。
推古天皇(606年)の時代、僧と尼を招いて、食事や様々な仏事を行う「斎会(さいえ)」が設けられ、この様式が現在の「お盆」の原型になったと考えられています。
朝廷で始まったお盆はその後、武家・貴族・僧侶・宮廷などの上層階級で主に催され、一般庶民に広まったのは江戸時代になってからのようです。
江戸時代に入り町人がある程度の財政力をもってきたため、仏壇の普及や盆提灯に使われるロウソクの大量生産とともにお盆行事が広く根付きました。
このように「お盆」は、元々日本人が持ち合わせていた「先祖をまつる」という日本古来の信仰と、仏教行事が結びついてできたものなのですね。

こうして「お盆」は、今日まで受け継がれてきています。
お盆は、家・地域によってお迎えの仕方や準備する物などが異なったりしますので、調べてみると面白いかもしれませんね。

ご先祖様からいただいた生命のバトンを胸に、今に生かされていることに感謝の気持ちを持って、自分の「生」を見つめ直す―――お盆はそんな機会を与えてくれているような気がいたします。


2017年8月7日月曜日

天神様和歌御朱印のご紹介~星の和歌~

本日の午後からは風も強くなって参りました。
台風が近づいているようでございますから、十分に気をつけねばなりませんね。

さて、天神様和歌御朱印に星の和歌が仲間入りいたしましたので、こちらでもご紹介申し上げます。


天つ星 道も宿りもありながら 空に浮きても 思ほゆるかな
(天を渡って行く星のように、道も宿もあるとは言え、空に浮かんでいるかのような思いがすることだなぁ。)
(拾遺和歌集479/菅原道真公)

こちらの御歌は拾遺和歌集におさめられており、大宰府への旅の夜道でお詠みになられたものであると伝わっております。
空に浮かんでいるような心持ちであると歌われておりますが、やはり今後を憂う気持ちもあるのでしょう、夜の星空に包まれて、少しばかりの不安感や寂寥感をも覚えます。

しかしながら、旅路で道真公が見上げた星空はきっと美しいものであったのではないか、そして美しい星空に、自身の冤罪が晴れるよう星に願いを込めたのではないか、とも感じまして、そんな夜空を表現すべく黒い和紙に金銀の星道を描いて作成してみました。

ちなみに、菅原道真公が山頂で天を仰いで拝んだと言う伝説が残っている天拝山という山があり、そこでは1合目から10合目まで1合ごとに道真公が詠んだ歌の歌碑が11基立っているそうですが、こちらの御歌は山頂に立っているようです。
いつか私も見に行ってみたいものです。


なお、天神様和歌御朱印は、季節限定ではございません。
「沢山の方々に菅原道真公のお歌を知っていただきたい」という趣旨から始めた試みですので、今までの和歌同様、いつでもお好きな和歌の御朱印をお受けになることができます。
そしてまた季節が変わるごとに、新しい和歌をご紹介いたす予定です。

なお見開きですと、1頁の御朱印よりは少々奉筆に時間がかかりますので、土日祝日の混雑時にはどうかその旨ご容赦くださりますようよろしくお願い申し上げます。
また多くの方々のご要望により、お急ぎの方用に書きおきもご準備することと相成りました。
お待ちいただく時間がない場合は、そのようにお声かけくださりませ。


2017年8月3日木曜日

祭式研修会

8月2~3日にかけての2日間、一言主神社にて祭式研修会がございましたので、私も勉強の為に参加して参りました。


■一言主神社■
住  所:茨城県常総市大塚戸町875
御祭神:一言主大神


研修会の風景。
講師には、常磐神社の宮司であらせられる寺内先生をはじめ、林先生、橋本先生がいらっしゃりまして、貴重なご指導を賜りました。

祭式とは、神職が神社でお祭りを行う際の祭典順序の次第、また、神饌、祝詞、祭員の進退作法など広く祭祀執行に関する標準となるべき法則をいいます。
簡単に表現しますと、「神職がご神前でご奉仕する際のお作法」のことです。
神職はお祭りの際、ただ適当に動いている訳ではなく、神様へ失礼のないよう、礼を尽くす為の、定められた祭式に則って動いております。
単純に「立ち方」「進み方」「曲がり方」「下がり方」にしても、立っている時と座っている時では違いますし、自分がどの位置にいるかでも、それぞれに変わってきます。
男性神職が持っている「笏」の扱い方、女性神職が持っている「扇」の扱い方も、「持ち方」「懐へのしまい方」「置き方」「懐から取り出し方」があり、やはりそれも立っている時と座っている時では違いがあります。

この祭式研修では、そのような動き方をふまえて、祭典中の行事であります「修祓」「御扉開閉」「神饌献撤」「祝詞奏上」「玉串奉奠」などのお作法を練習いたしました。

上記したようにご神前でのお作法は、なかなか複雑である為、頭で理解していても咄嗟に身体が動かなかったり、年月を経て自己流になってしまう場合があります。
やはり1年に1度は、このような研修会に参加し、初心にかえり、祭式を確認するのが肝要だと再確認いたしました。
「神様に喜んでいただける祭式」「氏子地域の皆様が神職の背中を通じて神様を感じられるような祭式」を目指し、日々のご奉仕に励んで参る所存でございます。

最後に、講師の先生方におかれましては、お忙しい中にも拘りませず貴重なご指導ご鞭撻を賜りましたことを心より感謝御礼申し上げ、結びといたします。